産休の間に出産場所を考えておこう

産休とはいっても、妊婦さんはやることが沢山です。安心できる場所を考えて出産場所を決めるのですが、中には、産休・育休をフルに使って、里帰り出産という場所を選ぶケースもあります。出産する場所は、総合病院、個人病院、そして助産院などの選択肢があります。特に、里帰り出産をするために産休・育休をフルに使う妊婦さんにとっては、助産院での出産を希望している傾向が強いようです。正常分娩であれば、助産師が分娩介助してくれます。しかし、助産院はサービス業であることをご存じでしょうか、助産師は医師が常駐していないので、医療行為を行えません。助産師が医療の介入が必要だと判断した場合には、提携医療機関に協力を要請する仕組みです。田舎よりの里帰りとなるなら、昔ながらの助産院で出産したい妊婦さんが少なくありませんが、万が一の介入もあるため、助産師との意思疎通は図っておきたいようです。ですから、産休を利用して助産師と今後のことについてしっかり話し合っておくことが大切になります。妊婦さんにとって、初産となるのなら、やはり安心した出産を希望するでしょう。旦那さんのご両親よりも実の親元で出産したい声も耳にします。そうなれば、親元での医療機関に相談しておくべきでしょう。設備がより整っているのは周産期科だといいます。里帰り出産を考えて産休を取得したら、基本的には産婦人科との連携は重要視すべきです。都会から田舎へ、そうなるなら、都会でのかかりつけ医がいるはずです。医師には里帰り出産の話しを早めにしておきましょう。医師もそれに合わせて、妊婦さんの状態を里帰り先の医療機関にデータを引き継ぐ連携を図る必要があります。特に、高齢出産となるなら、周産期科にお願いするのが望ましいでしょう。母体や胎児に総合的な診療が必要になった場合、設備が整っているので、より高度な対応が期待できます。産休の過ごし方は、同じ医師に診てもらえるかどうか、最終的にバトンタッチするなら、バトンタッチされた先での信頼関係を築いておくのが望ましいでしょう。

甲府市にある歯科クリニック

最寄りの駅から徒歩1分のデンタルクリニック

歯をなくさないための予防治療
予防歯科でしっかりと歯を守りましょう

プライバシー空間が整っている光が丘の歯医者
口内のことご相談してみませんか?

埼玉県久喜市で受けられる予防に重点を置いた歯科治療
虫歯や歯周病ができる前に予防を行う事で、健康な歯をキープしやすくなるのでぜひお越しください

サンプルイメージ1

産休を取得するまでの流れを把握しておく

妊娠した女性は仕事をそのまま続ける事は難しくなるので、産休制度を利用して一時的に会社から離れて出産に

サンプルイメージ2

産休中にしておきたいことは数多くある

産休を心待ちにしているという人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。しかしながら、いざ産休に

産休は誰でも取得することができる

産休を取得するのは難しいように感じる人もいるかもしれませんが、実際には簡単に取得することができます。

Copyright© 産休 All Rights Reserved.