クレジットカード審査と年収

クレジットカードは申込自体は難しく無い。
必要事項を申込書類に記入し、利用規約に同意すれば良いだけだ。

しかしクレジットカードには審査、というものがある。
この審査に落ちてしまう方も少なからずいらっしゃるのだ。

審査の基準の一つに年収がある。

あたり前の話だが、年収が低い人に大きな金額を貸す事はリスクだ。
年収が低いと希望金額のカードより低い金額のカードを薦められる事がある。

しかし実は年収の欄は自己申請になっている。
極端な話、年収を100~200万円上乗せしても、ばれないのだ。
ただしこれはあくまでショッピング枠の話。
クレジットカードでお金を借りようとするキャッシング枠、だと年収証明書の提出が求められる。

そもそも、年収をごまかしてカードを作ってもあまり得はない。
身の丈にあったカードを持つ事が大事だ。

また、年収の多寡よりも収入の安定性が重要視される。
幾ら数千万円の収入があっても芸能人や自営業者は、公務員・会社員と比較してクレジットカード作成のハードルが高いらしい。